2009年11月08日

関西学院大学総合政策学部4年生卒業制作(7)

11月3日火曜日
担当関西学院大学総合政策学部メディア情報学科山中速人研究室武田沙央梨さん
タイトル「温かい銭湯をいつまでも」
≪オープニング≫
どんどん寒くなってきて、温かいお風呂が恋しい季節。小さい頃山口のばあちゃんの家に行くと、銭湯に行き、おばあちゃんと一緒にお風呂に入って、帰りに牛乳を飲んで帰ってと、銭湯には楽しい思い出がいっぱいです。そんな銭湯が今減っています。

091103_takeda.jpg

◆Part1
高速長田の近く五番町の「あさひ湯」さんに行き、現状を聞いてきました。石油の高騰、不景気、新型インフルエンザ、天候の影響を強く受け経営が厳しいですが、知らない人と気軽に話せる温かい銭湯をこれからも守っていきたいです。

◆Part2
阪神大震災を経て、バリアフリーの銭湯にした「あさひ湯」さん。建物だけでなく、利用者のことを考えてシステムも改善しています。利用者である視覚障害者の方にもお話を伺いました。
≪エンディング≫
この取材を通して自分達が辛いにも関わらず、相手の事を思いやる気持ちと沢山出会いました。
この気持ちは見習わなくてはいけないと感じました。そして、世代関係なく楽しめる場である銭湯はいつまでも残ってほしいです。


posted by FMYY at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。