2011年01月19日

関西学院大学総合政策学部山中速人研究室3年制作番組「震災後、それぞれの軌跡」第5回

110118_kitada3.JPG
第5回神戸市須磨区順照寺住職 善本秀樹さん
担当関西学院大学総合制作学部 北田知美
◆トーク1
・浄土真宗本願寺派順照寺の紹介
・インタビュー対象者、善本秀樹さんの紹介
・地震の被害状況
◆トーク2
・自分自身にとっての阪神大震災
・インタビューした理由
残された人の「死」への向き合い方
住職ならではのお話を聞きたい
・震災当時の様子
・人の死を間近に経験した記憶
・「地獄はこの世にある」
・マスコミ報道と現実の差が大きい
・お寺の再建まで
・「地域に広く開かれたお寺に」
110118_kitada1.JPG
◆トーク3
・震災、復興を経て考えた事
人は死ぬ 震災はある
・お通夜をした
・順照寺での震災法要
震災を忘れないように
命の大切さ 震災で亡くなった方の無念を伝える
・神戸はまだ復興したわけではない
◆トーク4
・伝えることとは何か
・震災を知らない世代の人に伝えていく事が大切
・震災に備えて大切なのは「コミュニティ」
・皆なかよくしよう
・まとめ


posted by FMYY at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

関西学院大学総合政策学部山中研究室3年生制作番組「震災後、それぞれの軌跡」第4回

110111_pak2.jpg
第4回 李玉順さん 
担当関西学院大学総合制作学部3年朴史帆(ぱく・さぼん)
◆トーク1
関西学院大学総合政策学部3回生の朴史帆です。番組のテーマは「在日コリアンからみた震災の傷跡」です。李玉順さんに阪神淡路大震災からのこの16年間の歩みについて取材しました。
◆トーク2
震災当時の状況について。李さんは崩壊した町並みを見て、日本が滅んでしまったと錯覚されたそうです。その当時の緊迫した状況について李さんは詳しく話してくださいました。
◆トーク3
避難所での生活について。避難所での名前登録の際に本名ではなく、通称名を選んだという李さん。当時差別を恐れた李さんの在日コリアンとしての葛藤が切実に伝わってきました。
◆トーク4
震災は「人生の再生」だったと話される李さん。震災を通じて改めて人との関わりの大切さを知ることができたとおっしゃいます。震災は確かに大きな傷跡を残しました。しかし、それとはまた逆に長田の人々に大きな絆を生むきっかけになったと笑顔で話す李さんを見て、改めて震災がもたらしたものの大きさを知ることができました。
posted by FMYY at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

関西学院大学総合総合政策学部山中研究室3年制作番組『震災後、それぞれの軌跡』第3回

110104_sato1.jpg
第3回 新生屋さん店主 藤本幸二さん
担当完成学院大学総合政策学部3年 佐藤あゆみ
◆Talk1
・兵庫県伊丹市での私の震災体験
・インタビュー対象者、新星屋のご主人藤本幸二さんの紹介
・震災当時の高取商店街付近の様子
◆Talk2
・仮設での店舗開店
・震災後減った商店街の店舗数、店舗同士の交流
・長い年月を経ても尚、思い出す震災の記憶
◆Talk3
鷹取商店街と地元の人々
被災当時幼かった私にはわからなかった見方で震災を振り返ることが出来ました。
同じ関西地区でも、様々な人が様々な場所で体験した震災。これからも一月になると、私はきっと思い出すでしょう。
posted by FMYY at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。