2010年12月28日

関西学院大学総合政策学部山中研究室3年制作番組『震災後、それぞれの軌跡』第2回

101218_kawafuku_nene.jpg
担当関西学院大学総合政策学部3年 大洋慧実
第2回 カトリックたかとり教会信者 川福久男さん
【talk1】
・今回のテーマについて
・焦点を当てる取材対象者について
・川福さんの紹介など
101228_kawafuku_2.jpg
【talk2】
・川福さんの体験談
 −当時の様子
 −支援活動の状況
・川福さんが支援者の立場になった経緯1

【talk3】
・川福さんが支援者の立場になった経緯2
・川福さんから見た震災の受け止め方
 −災害が招く格差
 −ボランティアの存在意義
・川福さんが震災から得たもの
【talk4】
・川福さんから、これからの「支援者」へのメッセージ
・まとめなど


posted by FMYY at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

関西学院大学総合政策学部山中研究室3年生制作番組『震災後、それぞれの軌跡』第1回

101221_maikino1.jpg
担当関西学院大学総合政策学部山中研究室3年 槇野晴佳
第1回 神戸市職員 觜本郁(はしもとかおる)さん
◆トーク1
觜本郁さんの震災直後の活動についてお話を伺いました。觜本さんは震災直後に王子スポーツセンターの遺体安置所に行き、遺体処理のお手伝いをしていたそうです。その時の状況についてお話しをしていただきました。
20101221_hashimoto.jpg
◆トーク2
震災直後の遺体処理の仕方についてのマニュアルというのはないので、觜本さんがどのように行動するように心がけていたのかについてのお話しと、市の職員としての被災者の方に対する対応についてのお話しをしていただきました。
101221_makino2.jpg
◆トーク3
ホームレスの方に対するボランティア活動についてのお話しをしていただきました。
また最後にまとめとして役所の視点だけで相談を聞くのではなく、現場に行き信頼関係を得て相談を聞くことが大切だということのお話しをしていただきました。
101221_hashimoto1.jpg
posted by FMYY at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

関西学院大学総合政策学部山中研究室卒業制作第11回

101214_kubo2.jpg
「私の就職活動体験談」
担当関西学院大学総合政策学部4年 久保直大
◆オープニングトーク1 就職活動のことについて、テーマを選んだ理由と番組全体の構成についての説明。
101214_kubu3.jpg
◆トーク2 今の就職活動の現状と私の就職活動の振り返り。
◆トーク3 就職活動の大変さを私の体験を交えて具体的に説明、その具体例として1、経済的負担 2、面接における本音と建て前のバランス

◆トーク4 採用担当者のインタビュー録音。学生である私の側の視点と企業の採用側の視点、双方の視点で今の就職活動の現状についての検証。
posted by FMYY at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

関西学院大学総合政策学部山中研究室卒業制作第10回

101207_nagamine1.jpg「私の初めての国際交流、あるインド人の人生」
担当関西学院大学総合政策学部4年 長嶺圭佑
◆トーク1
今回の番組のテーマは「私の初めての国際交流。あるインド人の人生」です。外国人とまともに会話した事のない私が、この番組をきっかけにインド人の男性、バンダリさんにインタビューしました。バンダリさんがまだ未成年の頃インドでどんな生活を送っていたのか聞いていました。

101207_nagamine2.jpg

◆トーク2
バンダリさんとの会話の中で、恋愛、結婚観についての話で共感して笑ってしまったインタビューです。このとき、バンダリさんとの距離が縮まったと感じました。そして、次のインタビューでは来日したばかりの、日本語がまだ喋れないときのことを話していただきました。
◆トーク3
日本で働き続ける事、自分のお店を出す事が夢のバンダリさん。そんなバンダリさんが日本で働く理由は子供をいい学校に通わせるためだといいます。バンダリさんの生き方、考え方、そして国の文化の違いを考える事ができました。また、バンダリさんは私をインドに連れて行ってくれるという約束もしてくださいました。その言葉を聴いたときに私の初めての国際交流が実を結んだような気がしてとてもうれしかったです
posted by FMYY at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。