2009年12月22日

関西学院大学総合政策学部4年生卒業制作(14)

091222_oku1.jpg
2009年12月22日火曜日
担当関西学院大学総合政策学部山中ゼミ越久敬人さん
若者によるムーブメントの重要性と未来~HIPHOP文化が鍵となるか!?動け若者達〜』

12月に入り、学生達は旅行の計画を立てている頃でしょう。
今回の番組はそんな学生のみなさんや、社会の若者達が主人公です。
世間で、現在の若者達は行動力に乏しい、消極的だと言われていますが、この番組では、そんな若者達の中でも、HIPHOP文化を通して活動を続けている若者に焦点をあて、僕を含める若者達が今後どう動いていくかを考えていこうと思います。

なぜ僕が、今回のテーマに対して、HIPHOP文化が鍵になると考えたかという理由は2つあります。
一つ目は、HIPHOP文化自体が、若者がムーブメントを起こした結果、社会に影響を与え続けているものの歴史的な成功例と言えるからです。
HIPHOP文化とは、アメリカの黒人を中心とした若者達が、自らの苦境や葛藤を表現する中で生んだ文化で、主に4つの文化で構成されています。
RAPという言葉を操るMC、スプレーを用いて独特の絵画を描くGRAFITII、レコードを回し新たな音を作り出すDJ、そしてその音に合わせてダンスを踊るBBOYING、この4つの文化でHIPHOP文化は構成されています。
1980年代後半から急激にHIPHOPは世界中に広まったのですが、その影響は格差社会や人種差別の問題の解決にまで影響を及ぼしたといわれています。

僕は小さい頃からHIPHOPを聞いていた影響もあり、大学生の時にストリートダンスを始めました。
ストリートダンスは、HIPHOP文化のBBOYINGが派生してできていったものです。
その中で私は素晴らしい趣味を与えてくれたストリートダンスに感謝の意を表すため、ダンスシーンに貢献しようと思い、イベントをダンス仲間と共に立ち上げましたストリートダンスは社会の中でまだまだマイナーなものなので、人々に理解してもらうのは困難でしたが、活動を続けていくうちに、多くの人とつながり、少しずつ僕の話に耳を傾けてくれる人も増えていきました。
HIPHOPは僕に、行動を起こすことの大切さと、思いを形にして発信することの面白さを教えてくれたのです。

今回は、そんなイベント活動の中で出あった、HIPHOP文化の中でもMCを通じて、神戸を中心に活動を続けてきたTSURU君と、僕と一緒にイベント活動を続けてきたダンサーの川村昂司君にインタビューをしてきました。
2人とも同世代で、よく一緒に遊んだりする仲なのですが、現在の若者問題をどうすれば解決できるかということについて、3人で熱く語っているのでどうかお聞きください。

今回インタビューに協力してくれるお2人を紹介します。
MC KCRANEの名で神戸でMC、つまりRAPを用いて活動を続けてきたTSURU君、そして僕と一緒にダンスシーンを盛り上げる為のイベント活動を行ってきたHIPHOPダンサーの川村昂司君です。

2人ともHIPHOPを始めたきっかけは、当時かっこいいと思ったからという単純なものでした。ですが、続けていくうちに熱中していき、HIPHOP文化を通じて神戸という街を自分達の世代で盛り上げていこうと思ったそうです。

質問1.現在世間でよく言われている、若者の行動力の乏しさや積極的の無さを、普段生活する中で感じますか?

2人の回答:
とても感じています。みんなこだわりを持つこと、自分の知らない世界に飛び込んでいくことに恥ずかしさを感じているように思います。それどころか、壁を作る人が確実に多くなっている気がします。

質問2.その原因とは何だと思いますか?

3人(僕と川村昂司君とTSURU君)の対談の結果:
原因としては2つ考えられると思います。
1つ目は、何かに熱中している人達や、ムーブメントを起こしている側の人達が、価値観の押し付けになるのを恐れて、無意識のうちに伝えるのをセーブしている可能性があることです。
体験と伝達のバランスを考える必要があると思います。
2つ目は、何かに熱中している人達や、ムーブメントを起こしている側の人達が、きちんと思いの背景の部分を伝えれていないことです。
ダンスで言えば、どんな風に練習していて、どんな思いで踊っているかを伝えないといけないということです。
そこを省いてしまうと熱狂しているところしか伝えていないので、きっと伝えたい相手は恐怖心を持ってしまうかもしれません。おそらくそれがHIPHOP文化のムーブメントが広がりにくい原因になっているのでしょう。

質問3.現代の若者達が変わっていくためには、具体的にどう行動すべきだと思いますか。

何か熱中できるものを見つけることが一番早い解決策だと思います。そうすることで人とのつながりが生まれ、他人からの新しい知識を得ると共に、違った価値観があることを知る機会を得やすくなると僕達は考えます。
でも現実はそれができない人が多いので、何か自分の中での情報を得るマストアイテムをひとつ減らしてみるというのもいいかもしれません。
たとえば、自分の部屋からテレビを消せば、自ら情報を得る手段を他に頼る必要性が生まれ、読書を始めれるでしょう。
これらの解決策が、正しいかどうかはわかりませんが、こういう自分達の問題を自分達の問題ときちんと捉えて考えていく機会を持つことが大事な意味を持ってくると僕達は思います。
これからもこのような対談を、今度は下の世代も巻き込んでもっとやっていきたいと思いました。

インタビューと対談を聞いていただいたわけですがいかがだったでしょうか。
友人達と真剣に自分達の世代の問題について考える機会なんてほとんどないので、非常に楽しく話し合うことができました。
今回の対談の結果、僕達が僕達の世代の問題に対して出した解決策は大きくわけて2つです。

1つ目は、僕達HIPHOP文化に関わっている人々もそうですが、ムーブメントを起こそうとしている側の人達が、ただ思いを伝えるのではなく、どうすれば相手に壁を作らず体験させてあげることができるかをきちんと考えながら、伝えることを続けていくことです。
そして2つ目は、考える機会や何かに熱中する機会を自ら作り出す為に、自分の中でのテレビやパソコンなどの情報を得る為のマストアイテムをひとつ消してみることです。

この2つの解決策が、果たして効果的かどうかは、僕達にもわかりません。ですからこの結論に賛成していただく必要はありません。
ですが、この番組を通じて、「私も何かはじめてみようかな」などと何かについて熱中する機会、真剣に生身の人間と触れ合いながら考えてみる機会をもってくれたら、すごく嬉しいです。

僕自身今回の対談を経て、自身のムーブメントを考え直す機会を得ることができました。そしてここで学んだことをさらにもっといろいろなことに活かしていこうと感じました。

番組の冒頭で、私は「HIPHOPが若者達を動かす鍵になるか」と述べました。
文字通り、僕にとってはそのきっかけはHIPHOPだったのです。
そしてそれを通じて、先ほどインタビューに協力してくれたTSURU君や川村昂司君などとつながることができ、彼らから多くを学んで、チャレンジ精神も養うことができました。
みなさんもスポーツやアニメ、なんでもいいですから、何か熱中できるものを見つけ、それを通じてムーブメントを起こしていってほしいと思います。
この番組がそのきっかけになれば、幸いです。

番組を通して、「現代の若者は‥」などとえらそうに言ってきましたが、私もまだまだ知識も経験も浅い若者です。
みんなでできることから少しずつ始めて、社会を元気にしていけたらいいですね。

では長くなりましたが、そろそろ番組終了の時間となりました。
この番組をお送りしたのは、関西学院大学総合政策学部4回生の越久敬人でした。
最後まで番組を聞いてくださり、どうもありがとうございました。



posted by FMYY at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

関西学院大学総合政策学部4年生卒業制作(13)

2009年12月15日火曜日
担当関西学院大学総合政策学部山中ゼミ小池真由理さん
『ストリートダンスに寄せる想い〜ダンスに情熱をあける学生プロダンサー〜』
091215_koike2.jpg
◆オープニング
私の自己紹介やこの「ストリートダンスに寄せる想い〜ダンスに情熱をあける学生プロダンサー〜」というテーマを
選んだきっかけを話しています。私は大学でダンスを始めてから4年間が経ちます。ダンスに取り組んできた中で、ストリートダンスは
世の中でイメージや印象の悪さが根付いていると思う経験を何度がしてきました。少しでもそのイメージの悪さを払拭し
ダンスの魅力を伝えていく事、真剣にダンスに取り組んでいる若者を知って頂きたいと思い、この番組を制作しました。

◆前半
番組の紹介、伝えたい事、ストリートダンスサークルの部長、イベント活動、プロダンサーなど様々な活動を行ってきた
関西学院大学4回生の福田圭さんのインタビューを流します。インタビュー内容は、福田さんのダンスを始めたきっかけや練習量、
部長として一番辛かった経験です。

◆後半
福田さんのダンスのイメージの悪さを払拭するために行った動物愛護団体とのイベント提携活動、
プロダンサーとしてのインタビューです。最後に番組のまとめを私の意見を交えて述べています。

◆エンディング
番組を終えての私の感想です。派手、だらしないというストリートダンスの固定観念を第一に思い浮かぶのではなく、
ダンスを真剣にしている若者、コミュニケーションや社会貢献の手段としてダンスを披露している若者もいるんだということを
知っていただけらと思います。
posted by FMYY at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

関西学院大学総合政策学部4年生卒業制作(12)

2009年12月8日火曜日
担当関西学院大学総合政策学部山中ゼミ大塚美保さん
『古材〜世代を越える優しい住まい〜めんどうくさいが一番大事

091208_otuka2.jpg

◆オープニング

◆パート1
捨てられていく古材の紹介・大塚さんの活動

◆パート2
市場価値、活用例、大塚さんの今後の展望
posted by FMYY at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西学院大学総合政策学部4年生卒業制作(11)

2009年12月1日火曜日
担当関西学院大学総合政策学部山中速人ゼミ大津佑介さん
『人々の心の文化 宗教と音』
091201_otu1.jpg
◆オープニング
番組を作ったきっかけはFMわぃわぃの多文化、多民族共生の街づくりのコンセプトから、キリスト教系の学校に通いながら宗教を意識したことがないと感じたので、ラジオというメディアが伝えることが出来る音から、宗教の音を紹介し、人々が違った宗教に触れられる窓口になるような番組を目指しました。


091201_otu2.jpg

◆番組冒頭〜
宗教の音のルーツは、声に出して言葉を伝えることに特別な意味がある、と考えられてきました。多くの伝統的宗教では儀式中に声を出したり、歌を歌っています。

tenple.jpg
◆パート1
まず仏教の音を紹介しました。兵庫県加東市の播州清水寺の朝粥会の勤行式で読まれるお経を住職の清水谷さんに読んでいただいた音を紹介し、またその時使用する仏具の意味をインタビューしました。釣鐘の音が朝晩を知らせるだけではなく、旅をする人々がその音を聞いて、自分も仏様に見守っていただいているという心穏やかさを与えられていたのでは?という話が印象的でした。

hyogo_church.jpg
◆パート2
キリスト教の音を紹介。カトリック兵庫教会を訪問した際、ミサで歌われた聖歌と、教会の神父である吉岡さんへのインタビューしました。ミサ途中には何度も聖歌を歌う場面があり、また、司祭と参加者である会衆との対話、応唱も、声に出すことの特別性を感じました。ただ聖歌は、クリスマスソングなど、日本語に訳されることによって宗教的な意味が抜け落ちている物もあると聞いて驚きました。

◆パート3
違った宗教の人々とどのように接していくべきだと考えているかを清水谷住職と吉岡神父にそれぞれインタビューしました。それぞれの宗教が認め合って仲良くするという考えはお2人とも共通のものでした。天台宗比叡山延暦寺でも、この私たちが住む地域でも、宗教の壁を越えた対話がなされているとのことでした。今回の番組、取材では、宗教ごとに伝えている意味は違えど、音のもつ力に驚かされました。また、今まで無宗教だと思い込んでいた自分にとって宗教について考える良い機会となりました。皆さんはどのようなことを考えられましたか?

posted by FMYY at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。